【特集】新学期に向けた「学生にオススメの参考書22選」

血液浄化「CRRTとRRTとは」ー急性期と慢性期の透析療法の違いー

今回は、急性期血液浄化と慢性期血液浄化はどう違うの?といった疑問を解決する短い記事となります。

学生さんはもちろんのこと、維持透析すなわち、慢性期の透析しかしてなくて急性期病院へ転職される方や新たに集中治療領域の業務を担当することになった方、ICU Nsが主な対象となる記事です。
※本記事は初学者向けの内容となっております。

目次

KRTとRRTの表記について

KRT(kidney replacement therapy)またはRRT(renal replacement therapy)は「腎代替療法」を示します。

何らかの原因によって、腎機能が低下した患者に対して施行するHD(血液透析)やCHDF(持続的血液透析濾過)がKRTに当たります。

一部の方、もしかしたら大多数の方が疑問に思われているかもしれませんが、実は最近は文献などの表記が「RRT」から「KRT」へ表現が移行しつつありますので、Moegiも流行りに乗っかろうという訳です。

まだまだ「RRT」の方が主流かもしれませんが、「KRT」の表現も覚えておく方が良いかもしれません。

intermittent(間歇)とcontinuous(持続)の意味の違い

RRTは大きく2種類に分類されます。

1日おきなど隔日に実施するものを「intermittent(間歇)24時間、48時間など持続的に/連続的に実施するものを「continuous(持続)」と良く英語で表現したり言ったりしますね。

Moegi

正確には異なりますが、「inetermittent:慢性期」「continous:急性期」の血液浄化とするのがイメージしやすいかと思います。

では、説明していきます。

intermittent

いわゆる、HDやHDFなど1日おきに実施している血液浄化です。

仮に毎日HDやHDFを実施していても、VA(バスキュラアクセス)を接続と離脱を繰り返して、夜間など血液浄化をしていない時間帯があるため「intermittent」となります。

intermittentの特徴は、腎機能が低下し、老廃物や水分を出せない腎臓のために高効率短時間に血液浄化を実施することです。「IRRT」や「IHD」といった表現をします。

ただし、「IHDF」は実際に「I – HDF」というモードが存在しますので混同に留意が必要です。

ただし、本来なら毎日24時間働き続ける腎臓の代わりを4時間程度で補おうというのですから当然、その弊害は出現してきます。

短時間高効率のintermittent治療の影響を最も受けると考えられるのが「循環動態」ですね。
腎臓が24時間かけてゆっくり尿を生成するのに対して、4時間で除水をしたり、電解質補正をするのですから血圧が変動しやすくなるわけです。

そこで「continuous」の登場です。

continuous

症心不全であったり、心臓外科手術後で心機能が回復しきっていなかったりする患者がいるわけですが、そのような患者に一気に除水をしてしまうと循環動態が破綻する可能性が高いです。

そのような循環動態が不安定な患者に対し、低効率長時間の血液浄化を実施することを「continous」としています。

continousの血液浄化を「CRRT」や「CBP(continous blood purification)」と表現します。
CBP」の方が最近のトレンドですね。

集中治療領域でICUやPICUにて業務をされている方はintermittentよりcontinousの方がウエイトが大きいかと思われます。

しかしながら、ほぼintermittent寄りですが、intermittentとcontinousの中間に位置する血液浄化があります。
次にいきます。

SLED(sustained low efficiency dialysis)

SLEDは公式の日本語訳が無いのですが、「長時間低効率血液透析」と言います。
余談ですが、ヨーロッパでは「Extended daily HD」と表現されています。

HDやHDFのQBやQD、QFの設定を落とし、膜面積も小さなものにして、HDより低効率で6〜8時間の血液浄化をします。

除水量も4時間ではなく8時間割りにすることができるため通常のHDよりは循環動態への影響は小さいです。

「んー、CHDまで効率落とさなくてもいいけど、HDでは少し循環維持出来るか不安だな・・・。」といった際に使用する方法ですね。

濾過(filtlation)を追加してHDFで低効率条件で実施する場合には、「SLED-f」と表現します。

その他設定条件によっては細かい表現があるのですが、通常であれば上記までの表現を知っていれば業務には支障がないかと思われます(詳細は省きますがCHVHFやHVHF、欧米ではCVVHDF、CAVHDなどの表現があります)。

まとめ

以上でRRT(KRT)に関する内容でした。今回は急性期と慢性期で実施する血液浄化の違いについて、ほんの触りだけを解説しました。

今後、「CHDとCHFの使い分けは?」、「CHDFの条件はどうするの?」といった内容を執筆します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアして頂くと励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

CEじゃーなる おすすめ書籍紹介

Moegi

よく実習生や新人から、「血液浄化のオススメの参考書ありますか。」という質問を受けます。
その時に、先輩方や私が揃ってお勧めする物がこの
透析療法マニュアル
です。下記二つもいいのですが、まずはこちらを推します。

実習生や新人さんから「血液浄化でオススメの参考書」を聞かれると、真っ先に挙げる参考書です。血液浄化ハンドブックもいいですが、個人的にはこちらを推しています。
この一冊で血液浄化療法の全てが分かる![透析技術認定士指定テキスト]透析技術認定士を目指す臨床工学技士、看護師には必読の1冊となっています。 2023年版ではさらに改訂されており、COVID19についても触れられています。
透析業務に従事する臨床工学技士は必携とも言えるテキストです。基本的な内容からより専門的内容、特に事故防止や災害対策などより臨床寄りの内容について触れられています。

また実力をつけ職場の中で認めてもらうには資格取得が一番効率がいいでしょう。
透析技術認定士」習得には「過去問題集」を繰り返し解くことをお勧めしております。

透析技術認定士を目指す上で必携となる予想問題集です。応用編もいいですが、まずはこちらをしっかり解くことをお勧めします。

この記事を書いた人

職歴
現大学病院勤務
取得資格
臨床工学技士(CE)、ITE 心血管インターベンション技師、ME1種検定試験

得意領域
カテーテル、アフェレシス、内視鏡、機器管理

大学病院での幅広い勤務実績をもとに、臨床工学技士業務全般執筆しております。
1児のパパでもあり、子育て情報も発信していけたらと思います。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次